滝メンタルクリニックは、平成9年7月20日の開院以来、患者さんがいらっしゃらない日はほとんどなく、忙しい毎日を過ごしています。そこで、これまでご相談いただいた悩みについて、代表的なもの「Q&A」にして掲載しました。

どなたでも書き込みのできる「会議室」にしようかとも思ったのですが、話の内容がメンタルな部分にかかわるため、プライバシー保護を含めた慎重な対応が重要だと考え、当院に送られてきたメールのなかで、院長が掲載可能だと判断した問題を「Question」にし、それに対して院長が「Answer」として答えていく方式にしました。その「Answer」に対しても、きっと新たな「Question」をいただくと思いますので、適当な期間をおいて、次の新しい「Question」として更新し、お答えしていきます。



Question:1(開院以来、一番多かった悩み)
寝られないので睡眠導入剤をもらっているが「習慣性」があると聞く。薬に頼ってばかりではいけないと思ってやめると寝られない。どうしたらいいか?

Answer:1
やめようと努力しても、「飲まなかったけど眠れるかしら」と不安になり、寝られません。飲み続けると、必ず飲み忘れることがあります。それが続くと、薬なしでやっていける自信がつきます。




Question:2
心の病気に苦しんでいる方に対して、家族・友人として何と声をかけ何をしてあげることが一番良いのでしょうか?又どういう事がより負担になるのでしょうか?

Answer:2
病気それぞれによって異なりますが、まず患者さんの気持ちになって考えてあげてください。どうしてこんな事で悩むの?とか、私ならこうするのに…などと考えるのはあなたが健康だからです。あなたにとって些細な事でも患者さんには生きるか死ぬかの重大問題なのです。その方を好きになって、一番困っていることから少しずつ解決していきましょう。ただ無闇に励ましているだけでは、お互いに焦ってしまいますヨ。




Question:3
早く良くなりたいので、先生なんとかしてください。

Answer:3
気持ちは良くわかりますけれど、早く良くなった人は、割とすぐ早くまた悪くなっちゃう事が多いみたい。なんだか心配を増しているみたいだけど「またもし悪くなったとしても良い治療をしていればその悪い波の振幅は以前よりずっと浅くなりより早く回復していきます。」
つらいけれどじっと我慢して良くなるのを待ちましょう。焦って考えても、良い考えは浮かばずに悪循環になってしまうので、今はしょうがないからと諦めて、無理をしないで休みましょう。いつか必ず楽しい時がやってきます。それからがんばっても遅くはないですヨ。





ご質問・ご相談は「悩みの部屋」からメールにてお送りください。